事業内容・挨拶

ご挨拶

あいのさとサポートセンターは措置制度の時代、平成13年4月に30名定員の知的障がい者入所更生施設として開所致しました。併せて定員3名の短期入所の事業認可も受けました。落ち着く間もなく平成15年からは支援費制度となり、云わゆる措置から契約制度という障がい者福祉の転換点を経験し、施設運営やユーザー処遇に関しての意識改革をせまられました。開設当初からオンブズマンの導入を行い人権に関しての意識はありましたが、ユーザーへの人権侵害については重要な課題として取り組むべき支援でした。

現在サポートセンターは障害者総合支援法により、施設入所支援、生活介護事業、短期入所事業を行っております。基本的には24時間の生活支援であり日々様々な課題が起こりますが、当初からの人権尊重の意識を持ち、ユーザーとよりよい生活を築きたいと思います。

事業主体

名称 あいのさとサポートセンター
開設日 2001年4月1日
施設の種別 障害者総合支援法
サービス内容・定員 施設入所支援(30名)・生活介護(34名)・短期入所(6名)・日中一時支援
所在地 〒002-8055 北海道札幌市北区篠路町福移147-36
TEL 011-790-5800  FAX 011-792-4265
利用対象者 原則として、18歳以上65歳までの知的障がい者(手帳の交付を受けた者)
職員体制 施設長、サービス管理責任者、支援員、看護師、管理栄養士、調理員、事務員
活動内容 絵画活動、和紙や割り箸等の作業、 環境整備活動、
映画鑑賞、余暇支援、カラオケ・スポーツなどの趣味活動
その他設備 一人部屋(収納棚、ベッド有り)/食堂1室/ロビー/医務室1室(看護師が昼間は常駐)/浴室/大浴場1/ユニットバス3(各棟に1箇所)/洗面所3(各棟に1箇所)/洗濯機3(各棟に1台)/デイルーム3(各棟に1箇所)/地域交流スペース/トイレ/給湯室/活動棟

札幌協働福祉会の施設・事業所