協働フラッシュ Web版

2015/11/8(日)曇り、晩秋のニセコを巡る親子旅行会(最終日)
  • 2015/11/08
  • 協働フラッシュ Web版

■2015年11月8日(日)曇り、晩秋のニセコを巡る親子旅行会の最終日。午前7時から朝食バイキング、窓から見ると外は雨が降って来たようです。今日はこの後「ニセコ道の駅」そして小樽で昼食が予定されています。

DSC_16601

▼宿泊したニセコ昆布温泉ホテル「甘露の森」

DSC_16651

▼ホテルを出る前に、皆さんで記念の「★証拠写真」、雨も降っているのでホテルの「軒下三寸(のきしたさんずん)」をお借りして…

DSC_16711

DSC_16741

DSC_16861

DSC_16881

▼午前9時過ぎ「ニセコ道の駅」にて

DSC_17021

DSC_17051

▼今日は冷たい雨が降る生憎の天気、羊蹄山は昨日とは違う表情を見せてくれました

DSC_17281

▼小樽市内で昼食、会場まで皆さん集団で「ゾロゾロ」と歩いて移動

DSC_17441

▼吸い込まれるように

DSC_17491

▼昼食を終え車両を待つ皆さん、この後は札幌への帰路に、そして午後2時半過ぎ無事スタート地のあいの里に到着して今回の旅行会を終えました。

DSC_17581

◎それでは次回の旅行会をお楽しみに…。

2015/11/7(土)曇り、晩秋のニセコを巡る親子旅行会
  • 2015/11/07
  • 協働フラッシュ Web版

■2015年11月7日(土)曇り、今回協力会が企画した「親子旅行」は羊蹄山のふもと晩秋のニセコを巡る一泊二日のツアーです。旅行会参加者(74名)は冷え込みが戻った7日早朝、4台の法人車輌に分乗し、まず最初に昼食予定の仁木町に向け午前9時にあいの里を出発しました。昼食後は快晴の空の下、羊蹄山を眺めながら宿泊地へ、午後3時前には宿泊するニセコ昆布温泉ホテル「甘露の森」に到着し、皆さんそれぞれにゆったりくつろいでいました。

▼旧本部前、建物は取り壊され更地になっています

DSC_13741

DSC_13821

▼午前11時半頃、仁木町の「きのこ王国」に到着、そして昼食

DSC_13931

DSC_13861

▼昼食の仕上げは「ソフトクリーム」

DSC_14081

▼快晴の空に羊蹄山の姿が良く見えます

DSC_14281

DSC_14531

▼ニセコ道の駅から見る羊蹄山

DSC_14671

DSC_14711

▼午後2時半、ニセコ昆布温泉ホテル「甘露の森」に到着

DSC_14811

▼夕食宴会

DSC_15531

▼熱唱カラオケタイム

DSC_15711

DSC_15811

DSC_15961

▼これからは親子でtwoショット

DSC_16241

DSC_16251

DSC_16271

DSC_16281

DSC_16301

DSC_16591

▼あれーっ!これは…?「親子?兄妹?…」

DSC_16531

◎本日はこれにて「終了」また明日まで

 

 

2015/10/31(土)午後、「北の聲アート賞」贈呈式
  • 2015/10/31
  • 協働フラッシュ Web版

■2015年10月31日(土)午後、2015年度第4回「北の聲アート賞」の贈呈式が札幌市の道立文学館で行われ、「審査委員特別賞」を受賞した協働福祉会の「あいのさとアクターズ」と指導されてきた俳優の木村功さんがこの日、他の受賞者(3個人1団体)の皆さんと一緒に晴れの贈呈式に臨みました。「おめでとうございます」◇「北の聲アート賞」についての説明は毎日新聞の掲載記事から…「道内の文化人らでつくる文化塾「サッポロ・アートラボ」(柴橋伴夫代表)が2012年に創設したもので道内で革新的な文化創造や創作活動に取り組んでいる個人や団体に贈られるもの」でした。

▼「サッポロ・アートラボ」の柴橋代表が「文化の種をまいてる人たちを支援します…」と挨拶、受賞者席に木村さんも並んでいます

DSC_10251

▼「審査員特別賞」の受賞者名が呼ばれ木村さんと森下さんが席を立ち、賞状、記念品の贈呈が行われます。

DSC_10751

▼アクターズのメンバーを代表して森下さんが柴橋伴夫代表から手渡される賞状を受け取ります

DSC_10811

▼木村さんは記念品を受け取ります

DSC_10901

DSC_11001

▼晴れ晴れとした表情で贈呈式に参加された皆さん

DSC_11081

 

 

2015/10/30(金)夜、大盛況の「第8回あいの里ジャズナイト」
  • 2015/10/30
  • 協働フラッシュ Web版

■年一度、晩秋のこの時期に北区あいの里で開かれる「あいの里ジャズナイト」(拓北・あいの里地区センター・札幌協働福祉会・協賛)。このライブは今年で8年目を迎え、今までに数多くのプレイヤーにご出演頂きました。そして一夜限りのステージはジャズ愛好家に限らず音楽大好き人間には欠かせない待望のイベントになっています。そして今夜の出演は「mikio isida quartet」の皆さん、会場には約150名の来場者が席を埋めました。ライブは二部構成、第一部はオープニングでアップテンポの4ビートでノリノリにスウィング。2曲目はスローなバラード、しっとりと聴かせて会場を魅了しました。1部のラスト曲は4人のメンバーのセッションが聴きどころ、実力派ぞろいの4人のメンバーならではの演奏で盛り上がりました。ライブはこの後もスタンダードナンバーも含め4曲を演奏し午後9時過ぎまで続きましたが、最後は会場のアンコールに応え石田幹雄さんがピアノソロで自作曲を演奏し熱いジャズライブは終了しました。

▼会場の「拓北・あいの里地区センター」、ステージの背景はアートセンターの皆さんの作品

DSC_08361

▼会場を魅了したカルテットの演奏

DSC_082310

▼4人のプレイヤーの掛け合いが聴きどころ、ピアノの石田幹夫さんはリズムを感じながら…

DSC_09781

DSC_09751

札幌協働福祉会の施設・事業所

札幌協働福祉会-本部サイト­